お客様のお声
クチコミ
今までありとあらゆる種類のマッサージや指圧をやりましたが、私の頑固なコリには
歯が立たず。
でもやっと出会えました。
本当に辛い部分を徹底的に押してもらえるのは最高です。
週に1度の通院ですが、徐々にコリが解消してるのが自分でも実感できます。


クチコミ
ギックリ腰が治った知人に紹介され、通い始めました。
自分の治療中、「痛みで曲げられなかった足が曲げられるようになった。」と
お婆さんが横で喜んだり、重い症状の方にとっては駆け込み寺のような存在です。




クチコミ
長年に渡って、腰が痛かったため、思い切って入店したところ、店内は意外に綺麗で、
住宅街のど真ん中の入りづらいイメージとは違いました。
その日は予約で混み合っていたようですが、飛び込みの私を店員さんたちは快く
受け入れてくれました。
マッサージに関しては、文句無しですね(私的には)。
弱揉み好きの方には少々キツく感じるかと思いますが、3回ほど通っている内に強さにも慣れましたし、それまで悩まされていた頑固な腰痛も気付いたら楽になってました。
ホントにマッサージの先生たちには感謝です♪

クチコミ
強揉みをしてくれる治療院を西区で探し続け、13件目でやっと辿り着きました。
初めは不安だったものの、希望通り強揉みに対応していただけ、
尚且つ、コリもしかっりほぐしていただけて良かったです。
弱揉みも対応されているとのことなので、是非オススメです。


よくある質問Q&Aコーナー
◆Q.マッサージや鍼灸の対象年齢はいくつくらいですか?
A.対象年齢は生後3ヵ月以降です。
  年齢の上限については、厳密ありません。
   (※年齢やお客様のご希望にあわせた治療を行います。)
◆Q.治療を受ける時の服装はどのようなものが良いのでしょうか?
A.服装は、パジャマもしくはジャージなどを着てください。
  生地の表面が滑らかな物が一番良いです。
  各店舗にはお客様貸し出し用のパジャマが常備してありますが
  (一部の店舗を除く)、サイズがあわないこともありますので、
  ご自分の身体にあった服を身に着けていただいた方が、
  リラックスして治療を受けていただけます。
  靴下やストッキングは履いていただいたままで結構です。
◆Q.逆に治療に適さない服装はどのようなものですか?
A.生地の表面が凸凹しているような服や生地が硬い服は避けた方がいいです

    以下の服装には注意してください。

   ・ラメやビーズの付いている服は、治療時に千切れる原因にもなります。
   ・ジーンズは生地が硬いため、ストレッチなどの手技時の弊害になります。
   ・スカートは極力お止めください。
   ・傷が付いたり、汚れたりしては困る服。
   ・短パン・ハーフパンツも治療には適しません。
    特に男性の方は、スネ毛に指が引っかかり痛い思いをするなどの状態になりやすいため、
    お気をつけください。
                             などなどです。
◆Q.健康保険は使えますか?
A.いいえ(一部を除く)
   当グループでは、マッサージ・はりきゅうの一般施術に保険は使えません。
   これは“保険適用”が、【あん摩・マッサージ・指圧・はり・きゅう法】という
   国の法律により規制されているためです。
   基本は実費治療となります。
   
ただし、当グループとのコラボ店舗:豊田市の【旭・ヒュウガはり灸接骨院】では
   健康保険を使用することができます。

   (※歩行困難な方に限り、往診リハビリ・マッサージの保険適応はございます。
            詳しくは最寄りの店舗に電話にてお問い合わせください。)

◆Q.施術料金はいくらですか?
A.各店舗で料金コースは違うため、詳しい料金の知りたい方は
   各店舗ページの料金表を確認してください。
◆Q.予約制ですか?
A.は い
   当グループの治療院・リラクゼーションは予約制となっています。
   電話で予約をしていただき、予約時間の5~10分前までには来店してください。
    (※予約の空き状況によっては、当日予約にも対応します。)
    
◆Q.治療後に【もみ返し】などはありますか?
A.いいえ。
   当グループでは治療(マッサージ・鍼灸など)を受けた後は、体中がダルくなったり、
   軽い筋肉痛になったりすることがありますが、これは【もみ返し】ではなく【好転反応】と
   呼ばれるものです。
   ですから【もみ返し】のような、理不尽な激痛を伴う症状はありません。
   【好転反応】とは、疲れ(乳酸など)が溜まっていた筋肉が、
   指圧・マッサージ・ハリなどで解されたことで、
   一気に血液中に流れ出る現象で、全身に平等に分散された疲れ物質により
   身体がダルくなるのです。
   【好転反応】は2~3日後には消え、以前よりも身体が軽くなっていきます。

◆Q.現在妊娠中なのですが、治療してもらえますか?
A.はい。
   治療は可能です。ただし妊娠5ヶ月までの妊娠初期と産後2ヶ月は治療ができません。
   また、安定期に入った後でも、胎児と母体に負担をかけないようにするため、
   治療方法や治療部位が制限される場合もありますのでご了承ください。

◆Q.施術した日は普通にお風呂に入っていいのですか?
A.お風呂は入っていただいて構いません。
   ただし、治療によって全身の血液の循環が良くなっていますので、
   長湯や熱めのお風呂への入浴は注意してください。
   (湯あたりの恐れや【好転反応(↑上記参照)】を強める恐れもあります。)

◆Q.治療はどれくらいの周期で行えばよろしいですか?
A.個人個人で差はありますが、初回治療を受けた方は、
   まず最低でも
3回は治療を続けていただくことをおススメしております。
   その後、あまり治療周期を空け過ぎますと、せっかく解れた身体がすぐに
   元の凝った身体に戻ってしまうため、適度な来院をしていただくことが理想です。